びいどろ

柴犬蘭太郎と暮らす毎日のなにげない出来事を綴っています 
『びいどろ』とはいつまでも輝いた瞳でいてほしい・・・との願いをこめて♪
  << February 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
ため息3&大笑い
☆1週間ほど前の午前1時ごろ・・・さあ寝よう!と思い、リビングの電器を消し、戸締りを確認して部屋に戻ると蘭太郎がクチャクチャしている。
口の中には白いものが・・・。
『あ!コタツの上にあったティッシュや〜』
「蘭ちゃん、NO!」と慌てて言ったけど、蘭太郎はチラッチラッっと私を見ながら飲み込んだ。
はあ・・・ため息1

☆月曜日、玄関にて・・・息子が出かけるとき、蘭太郎が私と息子のそばを押しながらすり抜けて何やら黒いものをゲット!
「ぎゃ〜!蘭ちゃん」と叫ぶより早く、蘭太郎はリビングに逃げ込んだ。
どうやらかばんから息子の牛革の手袋が片方落ちていたらしい。
何でつってもぜんぜんダメ。
友達からの電話できつく叱られないのをいいことに、蘭太郎は私の顔を見ながらクッチャクッチャ。
手袋は無残な姿に。
はあ・・・ため息2

☆今日夕方やっと雨がやんだので買い物に出かけた。
帰ってみると、珍しく蘭太郎はリビングの自分のベッドの上にいる。
「蘭ちゃん、おりこうやったね〜♪」と言いながら私の目に入ってきたのは私のカシミアのセーター!
ソファの上に置いていたものだ。
蘭太郎は得意顔で噛んでいる。
おまけにくわえて振り回している^^;
すでに堪能したらしく、その後は放り投げてお散歩に行った。
はあ・・・ため息3

☆さっきの出来事
蘭太郎にしてはかなり大きめの『ブ〜!』というおな○。
そのおな○とともに、蘭太郎が前に吹っ飛んだ!
大爆笑!
蘭太郎はバツが悪そうに去って行った。
ブハハハ(^o^)丿
今度ロケットの打ち上げのときは蘭太郎も種子島に連れて行こう(^^)v



| ranmama | - | 17:36 | comments(7) | - |


 SELECTED ENTRIES RECENT COMMENTS
CATEGORIES PROFILE OTHERS